インフォ猫によるインフォメーション

PASONAの法則

2016年11月07日(月)


いつもありがとうございます。インフォ猫です。


突然ですが商売に携わっていらっしゃる方にとって
「販売する」って大事ですよね?


販売の究極の形って
【テレビショッピング】だと思うんです。


番組の合間にテレビショッピングが始まると
「チャンネル変えよー」って思いがちなんですが
いざ見てみると意外に面白い?あれ?いつの間にか見入ってる!?
なんて事よくありませんか?


私はいつも「うわーよく出来てるなぁ」と思いながら、
テレビショッピングを【研究】するつもりで良く見ています。


なんでこんなにも引き付けるんだろう?
何度も見ているうちに
私はある【共通点】を見つけました。


その共通点とは、、

PASONAの法則」に基づいてcmは作られている。



さて本題です
「PASONAの法則」とは何なのか。
例を挙げて説明します。


【化粧品】販売

P プロブレム
問題提起 「あなたはお肌で悩んでいませんか?」

A アジテーション
「このままお肌のケアをしないと、お肌ボロボロですよ?」

SO ソリューション
「この商品にその解決策があります」

N ナローダウン
「1000個限定で完売となります」

A アクション
購入を即す「購入検討中の方は大至急お電話下さい」


まさにテレビショッピングの流れそのものですよね。
これに加えもう一つ共通点を見つけました。
最近の通信販売やテレビショッピングにおいて
【ストーリー】を作るのです。

商品そのものにストーリーをつくってもいいのですが、
この商品を購入するとこんな未来がありますよ。
と提案するのです。





私が広告、宣伝、営業、を研究してわかった事↓

失敗しているやり方no.1は
商品を売りたい売りたいという気持ちが
どうしても前に出てしまい
本来の目的を忘れている。


つまり
商品を購入したらこんな事が出来ます
こんな生活が待っていますよという未来を
本当の意味】で
伝えてあげる事が出来ると、「販売する」力は自然についてくるのです。

writer インフォ猫

スポンサーサイト

自分だけのマーケティング日誌を書く

2016年11月05日(土)


いつもありがとうございます。インフォ猫です。
ちょっと本気で書いてみます(=^x^=)


見込み客の心の中を知る事って凄く大事ですよね?
人は「行動」については説明できるのに
「感情」については立ち止まって考えないんですよ
何を持ってその行動を起こしたのか
突き止めなければ「何」が購買意欲を
促したのかわかりません


自分自身がどんな感情でモノを買ったのか
自分自身のことさえもワカラナイとなると
お客様の心の中を知る事なんて
出来ないと思うんですよ


そこで、モノを買うとは何なのか?
を常に考える事が必要だと思いますし
その心理を理解するために、「瞬間」を
日誌に書き留める事で要因を洗い出すわけです。
100%理解するのは難しいと思いますが
お客様を理解しようとする「努力」に
意味があるのではないかと私は考えています。



↑の文章
自分で読み返してみると
最後の部分って面接の時に
用意していったセリフみたいで
違和感がすごい笑。。。



あ!

そのための10項目を
社畜を演じるあなたに送る インフォ猫メーション
↑へ掲載致しますので是非覗いてみて下さい。


writer インフォ猫

参考 ザ・レスポンス・マガジンより

色を意識する

2016年11月01日(火)


おはようございます。インフォ猫です🐈
【稼ぐメモ】にまたまた追加です(^^♪


今回は【色を意識する】というテーマですが
ある有能なサイトを紹介したいと思います。




人気ブロガー、IT関係の方ご用達のサイトを知っていますか?

~原色大辞典~
http://www.colordic.org/

このサイト本当に有能で、色名と16進数が一目でわかります!
HPやHTML等にとても役に立ちます。


・8カテゴリーに細分されているためすごく見やすい♪

・原色大辞典
・和色大辞典
・洋色大辞典
・web216
・パステルカラー
・ビビットカラー
・モノトーン
・メトロカラー

私もHPをいじる時なんかは、よく使ってますし
細かい部分の色設定なんかには超便利ですよ!
是非使ってみてくださいね。


稼ぐサイトを作るためには
色選びはかかせないんじゃないかとおもいますしね|д゚)


今日はこのへんで。
それでは


writer インフォ猫


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本塗料工業会(日塗工) 2015年H版色見本帳(ポケット版)
価格:2800円(税込、送料別) (2016/11/1時点)


ドア・イン・ザ・フェイス

2016年10月27日(木)


はようございます。インフォ猫です🐈
この記事のカテゴリどうしようかなと思ったのですがえて【稼ぐメモ】にしました。
ブラウザによっては↓の方に大きな赤い文字がずらーっと並んでいると思いますが、
今回それが一番言いたい事なのですぐに見ないように上から順番に読んでいってください。
順番に理解して頂かないと意味がないと思いますので。



さて、ドア・イン・・フェイスとは何なのか?
例を挙げて説明致しましょう。実際に私が営業時代使っていたリアルな手法です。
あまり公開したくないのですが。。。





今一番売れてるこの車、230万円 ※最上級グレード※
如何ですか?と敢えて高い金額を提案し、案の定お客様の反応は→「高すぎる」


本当に売りたいのは 180万円 ※中級グレード※なので
実はあまり使わない機能がたくさんついているので、中級グレードで十分満足できます。
エンジンも変わらないし、外見も一緒ですよ。と提案し直す。
そうすると→「50万も安いの!?それなら中級グレードで十分じゃん!」


もちろん見込みのお客様への提案が前提の話です。
ほぼ100%商談の中で使ってましたね。




つまり


本当に売りたいモノより先に
高いモノを敢えて見せることによって
本当に売りたいモノを安く見せると買い手側は
欲しいモノが安く手に入るような感覚になるのです。



いや、なんか胡散臭く感じられるんじゃないか?とお思いかもしれませんが実践してみると意外にもこの心理って使えるんだ!わかると思いますので、一度やってみてください。商品、言い方、提案の手法の違いによっては胡散臭くなってしまうので注意です。


ドア・イン・ザ・フェイス使えるようになると販売力がつきますので頭に入れておいてください。
私が迷走しているのはオフラインで通用していた、この手法をオンラインでどう活かしていくかなんですよね~。
なんとなく感覚は掴めているんですけども。


少しでも知識の足しになればと思います。
それでは。


writer インフォ猫🐈

Google search consoleとは

2016年10月25日(火)


備忘録

今自分のサイトがどのようなインターネット上でどんな評価を得ているのかが分かるサイト
「Google search console」をメモしておきます。


Googleのアカウントがあればだれでも使用可能です。※もちろん無料です
webサイトを利用・運営されている方は必ずと登録しておいてください。

・インデックスされている数
・サイトに張られているリンクの数
・Googleロボットの巡回頻度


などが確認できます。
未だ登録されてない方は是非

リンク張りたいのですが
すぐにGoogleアカウントを入力する画面になりますので
検索して登録ログインなさってください。


writer インフォ猫